国会傍聴

昨日は、初めて衆議院の本会議を傍聴して来ました。

元々、午後3時から自民党本部でミャンマー人労働者のセミナー(行政書士としての登録支援機関の関係)があり国会近辺に行く事になっていました。

地元の衆議院議員 額賀事務所の秘書の一人が高校時代の友人なので急遽お願いしたところ、招待券を手配してくれました。

現地では東京の額賀事務所の秘書の方が案内をしてくれて、私がまだ昼食をとっていないと言うと、食堂のそば屋さんを案内してくれました。

すると!!そば屋の隣の席に座っているのは、立憲民主党代表の枝野さんではありませんか。

普通に食堂でおそばを召し上がるんですね。

確か、今日最初の代表質問は枝野さんだったような。

12:40頃に本会議場の傍聴席に座って待つと、12:50頃から議員さん達が続々と議場に入ってきて、安倍総理 麻生大臣 菅官房長官 などの閣僚が席につき、最後に大島議長が入場し本会議が始まりました。

すぐに代表質問となり、先程お蕎麦屋さんでお見かけした枝野代表が壇上にあがりました。

桜を見る会への追求や社会保障費の問題等々に触れていました。

その後、安倍総理が登壇し枝野代表の質問に答えていくと、答弁が聞こえない程の野党側からの激しい野次があり議長に注意されていました。

次の予定があったので約1時間程の傍聴でしたが、素直に楽しかったです!

町議会とは仕組みも違い、一概にはこの経験を町の議会に活かすとは言えませんが、国会議員さんはパフォーマンスが上手で、ある種の演者さんなのかな?!と感じました。

当然、その根底には地頭が良く沢山の学びをされていて、議場や演説会場を盛り上げる能力があり国民からの支持を得た者が上がっていく世界なのかな〜?なんて感じた初めての国会傍聴の日でした。